「肌にとって必要なのは、油より水」ってどういうこと?

オルビスといえば、「100%オイルカット」が特徴です。

 

でも30代の私には
「オイルも必要じゃないの?」
「オイルがないと乾燥しちゃうんじゃないの?」
という疑問も湧いてきます。

 

そこで、オルビスの「オイルカット」の理由について、調べてみました。

 

簡単に言うと、「肌にとって必要なのは、油より水」という考え方のようです。

 

なぜ水が必要なのか。

 

その理由は酵素にあるといいます。

 

酵素といえば、酵素ドリンクなどでも有名ですよね。

 

でも、スキンケアにも酵素が関係しているってどういうことなんでしょう?

 

なんでも、酵素にはたくさん種類があり、
体中のいたるところで、それぞれ必要な酵素が働いているのだとか。

 

肌の生まれ変わり、ターンオーバーにも酵素がかかわっているのですが、
この酵素、水がないとちゃんと働かないそうなんです。

 

肌に水が必要なのは、ただその場で潤すだけでなく、
酵素を助けてターンオーバーを促すためでもあったんですね。

 

また、ターンオーバーの途中で作られる、バリア機能を守る物質があるらしいのですが、
これは油ではなく、水によって成熟するのだそうです。

 

「油=肌を守る」という単純なイメージがありましたが、
必ずしもそうとばかりは言えないのですね。

 

オルビスのホームページには、実験結果などもあってわかりやすく紹介されていますよ〜。

 

気になったら見てみてくださいね。